CPAP

CPAP療法 途中経過 治療1か月目

CPAP療法 治療1か月目です。
実際に使用してみて気づいた点、カラダの変化について書いてみます。

使用感について

専用マスクが気になる
これは予想通りです。専用マスクを装着して寝てみると、違和感があります。気になってしまい寝るまでに少々時間が掛かりました。
ただ、これは使い続けると慣れてきました。

呼吸について
装置から鼻へ送風がくるのですが、特に苦しいとか呼吸困難になることはありませんでした。普通に鼻呼吸できます。
自分は鼻詰まりしやすい体質でしたので、むしろ送風があることで鼻呼吸しやすいと感じました。

口を開けると風が吹き抜ける(口から風がでる)
コレはびっくりしました。口をあけると、風が吹き抜けていきます。
装置から鼻へ向かって送風しているわけですから当然ですが・・。
ただ、口からかなりの風が吹きぬける事がとても違和感があり、自然と口を閉じてしまいます。

就寝中、マスクが勝手に外れる事はなかった
就寝中、寝相で専用マスクが外れるかもと思ってましたが、特に問題はありませんでした。

カラダの変化

よく寝れる!!
コレは本当に感じられます。朝までぐっすり寝れました。ひさしぶりの感覚。朝もスッキリ起きれて気分が違います。
大袈裟かもしれませんが、何か月間も悩んでいた私にとってはとても大きな変化でした。

就寝中に行くトイレの回数が無くなった
平均して2回程度行くことがありましたが、コレが無くなりました。無くなったからこそ朝までぐっすり眠れています。

朝、口の中がカラカラじゃない
以前は起きた直後は口の中がカラカラで、喉も痛かったです。
これが無くなりました。おそらく上記にも書いた通り、口を開けると風が吹き出し、口を自然と閉じたくなります。おそらく、このおかげで就寝中に口を開けることが無くなったのかと推測してます。

日中の眠気が我慢できる
以前は我慢できないほど日中に睡魔に襲われ、仕事中でも気を抜くと意識を失う場面もありましたが、我慢できるようになりました。日中眠たくなることもありますが、以前と比べ物になりません。

気づいたこと

横を向いて寝づらい
専用マスクを付けると横を向いて寝ることが少々面倒でした。専用マスクが枕に当たり、ズレたりしました。
そういった理由から寝方は仰向けが最適かと思います。私の場合、仰向けでも全然問題ありませんが、横向きやうつ伏せ気味で寝る人は大変かもしれません。

メリットしかない(きちんと改善されている)
CPAP療法を始めて今のところメリットしかありません。特に困ったことはありません。

定期受診

CPAP療法を始めて1か月後、約束通り病院に行きました。
この1か月分のデータを見て、先生からこのまま続けていきましょうと提案された。私も効果を感じてましたので同意し、このまま治療を続けていきます。最後に鼻と喉を目視検査し診療は終了です。
受診料+今月の装置使用料約4500円を支払いました。

CPAP療法 2か月目に続きます。

ABOUT ME
淳平
会社員の淳平です。平日は会社員。週末は草野球の監督兼選手です。筋トレも頑張っています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です